誹謗中傷の加害者を特定する

誹謗中傷の文言を書き込むというのは犯罪ですが、インターネットを見ると人格否定などの内容は多いと言えます。インターネットは匿名性が高いとされているので、人格否定などの内容が見られると考えられます。しかし、サイトの運営者が情報を開示しなければならない状況になった場合は、書き込みをした者が特定される事があります。その情報をもとに、書き込みをした者に対する損害賠償請求を行う事も不可能ではないです。ちなみに、情報の開示については法律に定められていて、権利が侵害されるのが明らかである場合、開示に正当だと認められる理由がある場合に可能だとされています。また、プロバイダに住所、名前の開示を要請するという方法も、書き込みをした者を特定する事が出来ます。なので、匿名性が高いとはいえ、完全なものではないと言えます。

インターネットや陰口などの誹謗中傷

そもそも正々堂々と自分の負の気持ちを相手に伝える事が出来たら、インターネットや陰口などの誹謗中傷はなくなります。けれど人は、人にやきもちを焼いたり、嫉妬しますし、そんな自分を認めたくない、人に曝け出したくないと、自分の殻に閉じこもってしまいます。自分の胸の内に収められる人は良いですが、ワダカマリを持ち続け、発散させる場所がない人は、対象者の目に触れない様なインターネットの掲示板などでの誹謗中傷、味方となる仲間を巧い具合に作っての陰口など、人間としてマイナスな行動を起こしてしまいます。それが全く関係のない人に、こっそり愚痴をこぼす位であれば、まだ可愛い物ですし、自分のメンツも保たれます。色々な人を巻き込んでや、見ず知らずの人に知らしめるための書き込みは、相手の尊厳を気付けると同時に、自分の人としての評価を落とす事になります。

ネットにおける誹謗中傷の対策として

良くインターネット上では誹謗中傷が激しいという言葉を聞きますが、この原因を踏まえて正しく利用することが必要です。対策を検討するにも、なぜ誹謗中傷が起こるのかを考えるのが先決です。一部を除いては、ネットで意見を述べるのは匿名で行うことができます。誹謗する側もされる側もある程度は匿名性のある中で意見交換をしているのが現状です。実名を出すよりは気軽に利用できるのがメリットでもありますが、匿名になっていることで厳しい意見を述べやすいのも特徴です。多数の人がいれば多様な意見を持っているのは当然ですが、匿名性の高いコンテンツを利用することで、意見が衝突しやすくなっています。また、少数対多数の構図が成り立つと、少数意見に対して多数意見を持つ方が誹謗する傾向が見られます。自由に意見が述べられるのがメリットなのですが、少数意見なのか多数意見なのかを理解した上で意見を述べる必要があります。

インターネットでの誹謗中傷からサイトを守りたい方へ。 Webリスクの対策に関して業界ナンバーワンの実績。 ブログ、掲示板での誹謗中傷からお客様のサイトのブランディングを守ります。 お客様に満足していただける最高のサービスを提供している企業です。 webリスクの状況を定期的に監視し報告するサービスです。 安全で、信頼性のある方法で、インターネットでのリスクを対策します。 誹謗中傷のご相談を承ります

Comments are closed