劣等感や妬みからの誹謗中傷

誹謗中傷は、大体の人が、自分に自信がなくコンプレックスを抱えていたり、劣等感だらけの自分と対比して、対象となる相手の存在が羨ましく感じられ、最初その関係性がうまく行っている時は、ただ単に憧れの対象として映っていた人が、何かを切っ掛けに人間関係が大きくゆがんで、真逆の妬みといった感情に代わってしまうのでしょう。その時に、自分とどう向き合えるかによって、自分の価値や人間としての成熟度、つまり自分の社会性、社交性が問われてくるのではないでしょうか。正直誰だってちょっとした劣等感、心のひづみはあります。でもいちいち受け止めて木津付いている様なガラスの心では、世の中渡っていけません。思春期や学生であれば、多少の繊細さは、人として発展途上な状態ですから、致し方ないでしょう。けれどハタチを越えて、大人と称される様になった人間にとって、人を妬んだり、妬まれたりする事を真に受けるのは、人間として未熟です。上手に交わさなければ。

ネットなどでの誹謗中傷

インターネットなどの特定掲示板などで、自分の事を誹謗中傷している事実を見つけたら、誰でも正直落ち込んでしまいます。だいたいそういう行いをする方が、モラルもなく、人間としてあまりにも幼稚で自己中心的な人が多いのは事実ですが、火のない所に煙は立ちません。言われた方も、日頃の行いを振り返ってみて、どこか驕ったところはなかったか、人を見下し笑いものにしていたふしはなかったか等、自分を顧みて反省する事は大事です。けれど学校サイトなどで、誹謗中傷を浴びせれたら、サイトの管理人などにお願いして削除してもらうしかありません。陰湿な人であれば、消しても書いて、いたちごっこにもなり兼ねません。十分注意しなければならないでしょう。意を決してSNSなどの情報サイトを一切見ない事も方法の一つかもしれません。泣いたりわめいたりするより、完全スルーの方が効果が高いです。

誹謗中傷を受ける理由

ネットをしていると、ごくまれに誹謗中傷を受けることがあります。しかし、攻撃をされるには必ず理由が存在します。ネットをしているだけで、攻撃はされないということです。まれに冗談ではなく「ネットはみんな悪口を言っています。」と言っている人がいます。しかし、この人は自分が悪いことをしたため「ネットはみんな悪口を言っています。」と言っているのか、自分は悪いことをしていないのに「同文」と言っているのかはわかりません。しかし、自分は悪いことをしていないのにと思っていた場合は取り返しの付かない馬鹿です。誹謗中傷、いじめを肯定するわけではありませんが、この攻撃対象になるには少なからず理由があります。(子供のランダムで対象が決まるようないじめは除く)その理由を一度自分の中で深く、今までしてきた行動から言動、しゃべり方、調子に乗っていないか等を考えてみれば、誹謗中傷の数が少なくなります。

Comments are closed