誹謗中傷への効果的な対処法

インターネット上では、顔と顔を合わせたコミュニケーションをするわけではありませんで、「誹謗中傷」がエスカレートしやすい傾向にあります。誹謗中傷をご自身がすることはネットモラル的にもNGですが、ご自身が遭ってしまった時には対処法があります。それは、無視です。無視は、人間だけではなく動物にとって一番辛い仕打ちになります。無視には、相手の存在を認めないという効果があります。無視の孤独の前には、人間は簡単に屈します。徹底的に無視を貫き通すことにしましょう。そして、無視の前にもっと大切なことがあります。それは、努力して誹謗中傷をなるべく見ない、聞かないようにすることです。その情報をキャッチするような行動を取らないことが重要です。情報を見てしまえば、誰でもある程度は落ち込んでしまいます。知らなければ、どうってことないです。この場合に限っては、知らぬが仏です。

誹謗中傷とプライバシーを侵す行為の損害賠償の額

誹謗中傷を行う行為は犯罪であり、名誉毀損罪、業務妨害罪などに問われる場合があります。また、被害者は精神的苦痛を受ける事になるので、加害者に対して損害賠償を請求する事も出来ます。ところで、特定の人物に対する悪口又は人格否定に対する損害賠償の額の相場は事案などによって異なる場合があります。例えば、権利が侵害されたのが、社会的評価にとどまる場合は、額が数十万円クラスになります。ただし、企業に対する誹謗中傷で、評価だけではなく商品などの売上が落ち込んだといったケースになると額が大きくなります。また、ウェブサイトではなく、雑誌などのマスメディアによるものになると更に高くなる可能性があります。個人のプライバシーを侵す行為も損害賠償請求の対象になり、ウェブサイトでは数十万円クラスだとされています。また、個々人のケースが加われば、莫大な額に跳ね上がる事もあるようです。

ネットのモラルとしてネット内の誹謗中傷は禁止です

インターネットは、便利なコミュニケーションの役割があります。世界の多くの人々とネットを通じて、やり取りが出来る便利さが魅力です。その反面、顔の見えないネットでは、誹謗中傷な内容を見かけます。顔の見えないネットであってもモラルは、存在します。誹謗中傷とは、他人を謗る事や悪口を言う事です。ネットですので、人を傷つけたりする内容を書く事になります。これは法的には、名誉毀損や屈辱等にも値する内容が問題視されています。ネット内でもモラルが必要ですし、守られるべきルールです。倫理的な解釈ですが、ネットは公的な場所です。ですから誹謗中傷は、禁止すべき事柄です。インターネット上には、自分の意見を記載する事が可能です。しかし顔を見ずに会話を行う為に相手への配慮が、少ない結果が生まれます。これが中傷的な内容の投稿になりますが、ネット上でもモラルを重んじる事が大切です。

Comments are closed